江戸時代は、いろいろな意味で、私たちの知る「日本が」始まった時代といっていい。
「日本文化」と呼ばれるものの多くが、この時代に誕生、あるいは洗練されたことはいうまでもない。
江戸時代に生きた人々のロハスな生活には、学ぶべきところが多いようである。


--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-10-31

江戸庶民が暮らしていた長屋ってどんなところ?

江戸時代、庶民のほとんどが長屋で暮らしていた。長屋の一室はひじょうに狭く、プライベートと呼べるものは、まったくなかった。
長屋が狭かったのは、そもそも江戸の土地の多くを武士たちが使っていたからである。庶民の住める土地は江戸市中の16%しかなかった。
そこに50万人もの町人が住んでいただから、当然、一人当たりの面積は小さくなる。町人のおよそ七割は長屋で暮らしていたと推定されている。
江戸庶民の住む長屋は、まず表通りに面して「表長屋」が軒を連ねていた。表長屋は、たいてい店舗兼住宅になっていて、二階建てのものが多かった。また、そのほとんどに小商いを営む一家が暮らしていた。
その表長屋の裏側にあったのが「裏長屋」である。落語の八つぁん、熊さんといった庶民が暮らす場所である。
裏長屋への出入りは、木戸をくぐった。木戸をくぐると路地があり、その路地の両側に、いわゆる棟割長屋がつらなっていたのだ。
「九尺二間の裏長屋」といわれたように、裏長屋の一軒分は、間口が九尺(約2.7メートル)、奥行きが二間(約3.6メートル)、つまりおよそ六畳ほどの広さだった。
これは土間や流し、へっつい(かまど)も含めたスペースだから、寝起きできるのはせいぜい四畳半ほど。
そこに生活道具を置き、親子数人で暮らしていた。
長屋のつくりは、限界ぎりぎりの安普請である。畳が敷かれていればいいほうで、板敷きもすくなくなかった。
隣の部屋との間には薄い壁があるだけで、壁には穴が開いていることもあった。隣の声はほぼ筒抜けであり、プライバシーなど確保のしようもなかったのだ。
便所とゴミ溜めは共同で、井戸がない長屋もあった。しかし、あったところで飲用には使えず、飲み水は水屋から買わなければならなかった。
そんな狭い長屋暮らしだから、同じ長屋の住人には気を遣い合わざるをえない。
みなが共同スペースをきれいに使い、快適に過ごせるよう心配りをし合って暮らしていたのだ。
スポンサーサイト

theme : 歴史
genre : 学問・文化・芸術

tag : 歴史 雑学

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ジャンキー将軍

Author:ジャンキー将軍
江戸時代の知りたかった「謎」と「疑問」を解説します。

最近の記事
記事検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログランキング

FC2Blog Ranking

最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
Pick Up
amazon
焼肉通販・ホルモン通販
すき焼き・しゃぶしゃぶ肉通販
スパイカメラ・カモフラージュカメラ通販
コルクマット・ジョイントマット通販
美容ローラー 針美人(しんびじん)

ヤーマン サーミコン式脱毛器
no!no!hair Smart(ノーノーヘア スマート)
エバンジェリスト BBクリーム
フリーエリア
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。