江戸時代は、いろいろな意味で、私たちの知る「日本が」始まった時代といっていい。
「日本文化」と呼ばれるものの多くが、この時代に誕生、あるいは洗練されたことはいうまでもない。
江戸時代に生きた人々のロハスな生活には、学ぶべきところが多いようである。


--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-02-06

江戸の庶民が数字好きだったのはなぜ?

江戸時代、武士や一般庶民の間で「和算」と呼ばれた数学が盛んになり、農民や職人らさまざまな人々が和算に熱中した。高度な数学が中国から入ってきたのは、豊臣秀吉の時代とみられる。中国では、すでに13世紀末から14世紀にかけて数学が発達し、その世界水準の数字が16世紀に日本に入ってきたのだ。この中国渡来の数学をさらに発展させたのが、和算である。
和算発展の立役者は、関孝和という人物。彼は、円周率や代数式、方程式の判別式や正負の存在条件、行列式などに取り組み、そのレベルの高さは、現代の数学者からも高い評価を受けるほどだ。
そんな和算が江戸で盛んになったのは、一つには出世や経営のためである。武士は和算ができることで、いい役につくことを夢見たし、商人は計算に生かし、農村では測量に役立てた。
ただ、それ以上に大きな理由は、いい暇つぶしだったからである。当時は、現代のように娯楽にあふれていない。地方ほど娯楽は少なく、仮にあったとしてもお金がかかることが多かった。
ところが、和算を楽しむには、お金はかからないし、道具も要らない。今でいえば、数独などのパズルに熱中するようなものだ。
農民や町人たちは、和算の師匠に弟子入りし、基本を教えてもらうと、今度は自分たちで問題を作って解いた。問題を作ったり解いたりするのは、知的ないい刺激になったし、誰にも解けない難問を解いてみせるのはうれしいことだ。難問を解いた人は、その問題と解法を額に飾り、神社に奉納したくらいである。
それらは「算額」と呼ばれ、今でも全国の神社に700~800ほどが残っている。
スポンサーサイト

theme : 雑学・情報
genre : 学問・文化・芸術

tag : 歴史 江戸時代 雑学 庶民

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ジャンキー将軍

Author:ジャンキー将軍
江戸時代の知りたかった「謎」と「疑問」を解説します。

最近の記事
記事検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログランキング

FC2Blog Ranking

最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
Pick Up
amazon
焼肉通販・ホルモン通販
すき焼き・しゃぶしゃぶ肉通販
スパイカメラ・カモフラージュカメラ通販
コルクマット・ジョイントマット通販
美容ローラー 針美人(しんびじん)

ヤーマン サーミコン式脱毛器
no!no!hair Smart(ノーノーヘア スマート)
エバンジェリスト BBクリーム
フリーエリア
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。