江戸時代は、いろいろな意味で、私たちの知る「日本が」始まった時代といっていい。
「日本文化」と呼ばれるものの多くが、この時代に誕生、あるいは洗練されたことはいうまでもない。
江戸時代に生きた人々のロハスな生活には、学ぶべきところが多いようである。


--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-02-07

江戸っ子憧れのファッション・リーダーとは?

現代のファッション・リーダーといえば、雑誌モデルか俳優、テレビタレントあたり。
では、江戸時代のファッション・リーダーは誰だったかというと、歌舞伎役者、町火消し、遊女、芸者といったところだ。とりわけ、大きな影響力をもっていたのが、歌舞伎役者である。
歌舞伎役者は、着物のデザインから、柄、色、帯の結び方まで、すべてが庶民の憧れの的だった。庶民は、歌舞伎役者の着物の柄や色などを真似、そこから流行が生まれ、今でも残っているものがあるほどだ。
その代表は、基盤の目のような「市松模様」である。そのデザインは、初代佐野川市松が『高野心中』という芝居で、紺と白の基盤模様に染めた襟を着用したことにはじまる。以来、大流行し、現在でも使われているデザインだ。
ほかに、当時流行った柄には、七代目団十郎が火をつけた三筋格子、五代目岩井半四郎からはじまった半四郎鹿子(はんしろうかのこ)などがある。
色には、『助六』の鉢巻の色から流行った「江戸紫」、三代目中村歌右衛門が好んだ「芝翫茶(しかんちゃ)などがある。
とくに、二代目瀬川菊之丞の流行らせた「路考茶(ろこうちゃ)は、江戸の流行の方向を変えたといわれる。
菊之丞は『八百屋お七恋江戸染』で、くすんだ鶯(うぐいす)茶の着物を着た。その渋い色が、江戸っ子に大いにウケたのだ。
菊之丞の俳名の路考から「路考茶」と名付けられたその色こそ、江戸っ子の好みの派手なものから、粋へと変えるきっかけをつくったのだ。
スポンサーサイト

theme : 雑学・情報
genre : 学問・文化・芸術

tag : 歴史 江戸時代 雑学 庶民

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ジャンキー将軍

Author:ジャンキー将軍
江戸時代の知りたかった「謎」と「疑問」を解説します。

最近の記事
記事検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログランキング

FC2Blog Ranking

最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
Pick Up
amazon
焼肉通販・ホルモン通販
すき焼き・しゃぶしゃぶ肉通販
スパイカメラ・カモフラージュカメラ通販
コルクマット・ジョイントマット通販
美容ローラー 針美人(しんびじん)

ヤーマン サーミコン式脱毛器
no!no!hair Smart(ノーノーヘア スマート)
エバンジェリスト BBクリーム
フリーエリア
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。