江戸時代は、いろいろな意味で、私たちの知る「日本が」始まった時代といっていい。
「日本文化」と呼ばれるものの多くが、この時代に誕生、あるいは洗練されたことはいうまでもない。
江戸時代に生きた人々のロハスな生活には、学ぶべきところが多いようである。


--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-03-07

老中の駕籠がいつも小走りに運ばれたのはなぜ?

幕府の老中は譜代大名から選ばれ、老中になった大名は、江戸の大名屋敷から江戸城に登城した。登城の道中、老中は駕籠に乗り、行列を作った。
その老中の行列に出会うと、御三家でさえ会釈し、他の大名は道を譲った。老中の行列であるかどうかは、遠目にひと目でわかった。というのは、老中を乗せた駕籠行列は、いつも小走りだったからである。
老中駕籠がいつも小走りに運ばれたのは、秘密を守るためである。ふだんのとき、ゆっくり歩いていると、ある日、何らかの異変があって、小走りで慌しく駕籠を進ませた場合、それを見た者が不審の念を抱きかねない。将軍家に何かあったのではないかと根も葉もない噂が立ちかねない。
そこで、老中たちはつねに小走りに駕籠を走らせることにしたのだ。いつもそうしていれば、緊急事で江戸城に駆けつけるときでも、怪しまれる心配はないというわけだ。
スポンサーサイト

theme : 雑学・情報
genre : 学問・文化・芸術

tag : 歴史 江戸時代 雑学

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ジャンキー将軍

Author:ジャンキー将軍
江戸時代の知りたかった「謎」と「疑問」を解説します。

最近の記事
記事検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログランキング

FC2Blog Ranking

最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
Pick Up
amazon
焼肉通販・ホルモン通販
すき焼き・しゃぶしゃぶ肉通販
スパイカメラ・カモフラージュカメラ通販
コルクマット・ジョイントマット通販
美容ローラー 針美人(しんびじん)

ヤーマン サーミコン式脱毛器
no!no!hair Smart(ノーノーヘア スマート)
エバンジェリスト BBクリーム
フリーエリア
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。