江戸時代は、いろいろな意味で、私たちの知る「日本が」始まった時代といっていい。
「日本文化」と呼ばれるものの多くが、この時代に誕生、あるいは洗練されたことはいうまでもない。
江戸時代に生きた人々のロハスな生活には、学ぶべきところが多いようである。


--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-03-29

元禄時代、突然改名を迫られた人々とは?

「亀は万年、鶴は千年」といわれるように、古くから「鶴」という文字は縁起がいいとされてきた。江戸時代には「鶴」の漢字を使った人名や地名、屋号などが多数みられる。
ところが、元禄時代、この「鶴」という字がいっさい使えなくなったのだ。理由は、将軍の”鶴の一声”である。
『生類憐みの令』でおなじみの徳川綱吉が、自分の娘「鶴姫」を溺愛するあまり、庶民に「鶴」の字の使用を禁じたのだ。名づけて「鶴字法度」という。
突然のお触れに驚いたのが、全国のお鶴さんや鶴之丞さんや鶴之助さんたちである。すでに使っていた名前も、強制的に改名をさせられたからである。
『好色一代男』や『好色五人女』の作者として有名な井原西鶴も、この時期は「西鵬」と改めていたくらいだ。
京菓子の老舗「駿河屋」も、このお触れをきっかけに「鶴屋」から改名した。さらに、地名も改名を余儀なくされ、「鶴がダメなら、亀だ」と各地に亀のつく地名が急増した。
1704年(宝永元年)に鶴姫、1709年(宝永6年)に綱吉が亡くなって、「鶴」の使用が解禁され、人名や屋号を元に戻すケースが多かったが、地名の多くはそのまま残ることになった。
スポンサーサイト

theme : 雑学・情報
genre : 学問・文化・芸術

tag : 歴史 江戸時代 雑学

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ジャンキー将軍

Author:ジャンキー将軍
江戸時代の知りたかった「謎」と「疑問」を解説します。

最近の記事
記事検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログランキング

FC2Blog Ranking

最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
Pick Up
amazon
焼肉通販・ホルモン通販
すき焼き・しゃぶしゃぶ肉通販
スパイカメラ・カモフラージュカメラ通販
コルクマット・ジョイントマット通販
美容ローラー 針美人(しんびじん)

ヤーマン サーミコン式脱毛器
no!no!hair Smart(ノーノーヘア スマート)
エバンジェリスト BBクリーム
フリーエリア
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。