江戸時代は、いろいろな意味で、私たちの知る「日本が」始まった時代といっていい。
「日本文化」と呼ばれるものの多くが、この時代に誕生、あるいは洗練されたことはいうまでもない。
江戸時代に生きた人々のロハスな生活には、学ぶべきところが多いようである。


--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-04-20

刀をさしていたのは武士だけではなかった?

江戸時代、刀をさすことを許されていたのは、武士だけだとよくいわれる。しかし現実には、町人にも刀をさしている者がいた。
武士以外で帶刀を許されていたのは、功労のあった町年寄、献金の多かった豪商、善行で表彰された農民、力士、能楽師らである。
さかのぼると、武士以外の者が原則的に刀をさせなくなったのは、1588年(天正16年)の豊臣秀吉の刀狩り以降のことだ。
それ以後、庶民は、公式には刀や鉄砲を持てなくなったが、実際には、刀狩りにどれほどの効果があったかは、はっきりしていない。
江戸中期でも、農民には刀や槍、鉄砲を所持していた者がかなりの人数がいたことがわかっている。
同じように、町人にも、帶刀を許されていなくても、刀を所持している者がかなりいた。ふだん腰にさすことはなくても、いざというときのため、所持していたのだ。
また、江戸時代には、基本的に自分の身は自分で守るのは当たり前のことと考えられていたので、自分の身を守るため、夜間外出するときには脇差しをさして、町を歩く町人もいた。
スポンサーサイト

theme : 雑学・情報
genre : 学問・文化・芸術

tag : 歴史 江戸時代 雑学

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ジャンキー将軍

Author:ジャンキー将軍
江戸時代の知りたかった「謎」と「疑問」を解説します。

最近の記事
記事検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログランキング

FC2Blog Ranking

最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
Pick Up
amazon
焼肉通販・ホルモン通販
すき焼き・しゃぶしゃぶ肉通販
スパイカメラ・カモフラージュカメラ通販
コルクマット・ジョイントマット通販
美容ローラー 針美人(しんびじん)

ヤーマン サーミコン式脱毛器
no!no!hair Smart(ノーノーヘア スマート)
エバンジェリスト BBクリーム
フリーエリア
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。