江戸時代は、いろいろな意味で、私たちの知る「日本が」始まった時代といっていい。
「日本文化」と呼ばれるものの多くが、この時代に誕生、あるいは洗練されたことはいうまでもない。
江戸時代に生きた人々のロハスな生活には、学ぶべきところが多いようである。


--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-05-05

武家の食卓に決してのぼらなかった食材とは?

江戸時代には、町人は食べられても、武士は食べられないものがあった。その代表格はコノシロ、マグロ、フグの三つである。
コノシロは江戸前の魚であり、大衆魚。貧乏武士にとっては貴重なタンパク源になったはずだが、その名前が忌嫌われた。「コノシロを食う」は「この城を食う」に通じるところから、落城に通じるとされたのだ。切腹を命じられた武士の最後の食膳にのぼることが多かったことからも、縁起の悪い魚とされた。
マグロは、その異名である「「シビ」が「死日」に通じることから疎まれた。合戦でいつ命をおとすかもわからない武士にとって、この名はタブーだったのだ。
「フグ」が嫌われたのは、もちろん毒性の強さゆえ。今でも、フグに当たって亡くなる人がいるが、武士はフグ毒に当たって死ぬことを大きな恥とした。武士が死ぬのは戦場であって、魚の毒などで死ぬのは武士にとってあるまじきことだったのだ。
そのため、武士のほとんどは、明治維新までフグの美味しさをしらなかったのである。
スポンサーサイト

theme : 雑学・情報
genre : 学問・文化・芸術

tag : 歴史 江戸時代 雑学 武士

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ジャンキー将軍

Author:ジャンキー将軍
江戸時代の知りたかった「謎」と「疑問」を解説します。

最近の記事
記事検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログランキング

FC2Blog Ranking

最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
Pick Up
amazon
焼肉通販・ホルモン通販
すき焼き・しゃぶしゃぶ肉通販
スパイカメラ・カモフラージュカメラ通販
コルクマット・ジョイントマット通販
美容ローラー 針美人(しんびじん)

ヤーマン サーミコン式脱毛器
no!no!hair Smart(ノーノーヘア スマート)
エバンジェリスト BBクリーム
フリーエリア
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。