江戸時代は、いろいろな意味で、私たちの知る「日本が」始まった時代といっていい。
「日本文化」と呼ばれるものの多くが、この時代に誕生、あるいは洗練されたことはいうまでもない。
江戸時代に生きた人々のロハスな生活には、学ぶべきところが多いようである。


--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-06-02

神田祭、山王祭が「天下祭り」といわれるのはなぜ?

現代、「江戸の三大祭り」といえば、神田祭、山王祭、三社祭といわれる。このうち、神田祭と山王祭は、江戸時代から特別な祭りとされていた。ともに「天下祭り」と呼ばれ、江戸最高の祭りだったのだ。
天下祭りは、幕府が公認しているところから、御用祭りともいわれた。天下祭りになると、神輿や山車、屋台などの行列は、江戸市中を回るだけではなく、江戸城内に入ることを許された。江戸城内では、将軍や大奥の女性らが神輿行列を見物し、楽しんだ。将軍上覧の祭りだから、天下祭りと呼ばれた。
天下祭りのうち、山王祭は山王権現の祭りであり、山王権現は徳川家の産土神(うぶすなかみ)であった。神田祭は神田明神の祭りであり、神田明神には関東を鎮護するとされる平将門が祀られている。そこから、山王権現と神田明神は江戸の守り神と見られていた。天下祭りは、ともに江戸を守護する神の祭りだったのである。
1681年(天保元年)以降、神田祭と山王祭は交互に隔年で行われるようになる。神田祭は今は5月15日ごろに行われるが、江戸時代は陰暦9月14日に始まった。山王祭は、6月14日にはじまった。
天下祭りには、山王祭と神田祭の二つ以外に、一時、根津権現祭も加わった。根津権現が六代将軍・家宣の産土神であったためだ。1714年(正徳4年)には、根津権現の神輿も江戸城内に入っている。
スポンサーサイト

theme : 雑学・情報
genre : 学問・文化・芸術

tag : 歴史 江戸時代 雑学

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

だから江戸三大祭は山王・神田・根津という説があるんですね。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

ジャンキー将軍

Author:ジャンキー将軍
江戸時代の知りたかった「謎」と「疑問」を解説します。

最近の記事
記事検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログランキング

FC2Blog Ranking

最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
Pick Up
amazon
焼肉通販・ホルモン通販
すき焼き・しゃぶしゃぶ肉通販
スパイカメラ・カモフラージュカメラ通販
コルクマット・ジョイントマット通販
美容ローラー 針美人(しんびじん)

ヤーマン サーミコン式脱毛器
no!no!hair Smart(ノーノーヘア スマート)
エバンジェリスト BBクリーム
フリーエリア
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。