江戸時代は、いろいろな意味で、私たちの知る「日本が」始まった時代といっていい。
「日本文化」と呼ばれるものの多くが、この時代に誕生、あるいは洗練されたことはいうまでもない。
江戸時代に生きた人々のロハスな生活には、学ぶべきところが多いようである。


--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-06-28

なぜ、将軍の寝所に「聞き耳役」を置くようになった?

将軍の寝所では、別の女官が聞き耳を立て、翌日、耳にしたことを報告する義務がある。こんな義務が必要になったのは、五代綱吉のある騒動がきっかけだった。いわゆる「柳沢騒動」と呼ばれる事件だった。
綱吉の愛妾に染子という女性がいた。のちに、綱吉は、染子を柳沢吉保に下されたのだが、吉保の側室になってからも、染子は綱吉の寝所に召されることがあった。よほど、綱吉に寵愛されていたのだろう。そのことに目をつけたのが、吉保である。染子を利用して、将軍から領地をもらおうと企んだのだ。染子から寝床でねだられた将軍は、「御側用人・柳沢吉保に100万石を与える」というお墨付きを書いてしまう。
これに驚いたのが、老中などの幕府の重役たちである。ところが、そのお墨付きが実行される前に、綱吉が死去したため、騒動自体はおさまった。ところが、この事件で迷惑をこうむったのが、大奥の女性たちである。将軍が大奥泊まりをするさい、側室と二人きりにしておくのは危ない、という理由で、寝床に監視役がつけられることになったのだ。「柳沢騒動」の二の舞をおそれたのである。
その後、大奥では、将軍が大奥に泊まる際には、”聞き耳役”として、添寝役の御中臈と御坊主の二人の女性を、将軍の寝所に配属させることにした。寝所には、将軍の床と、その晩のお相手となる御中臈の床の二つ、そのほかに聞き耳役の二つの床が用意されていたわけである。
スポンサーサイト

theme : 雑学・情報
genre : 学問・文化・芸術

tag : 歴史 江戸時代 雑学 徳川

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ジャンキー将軍

Author:ジャンキー将軍
江戸時代の知りたかった「謎」と「疑問」を解説します。

最近の記事
記事検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログランキング

FC2Blog Ranking

最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
Pick Up
amazon
焼肉通販・ホルモン通販
すき焼き・しゃぶしゃぶ肉通販
スパイカメラ・カモフラージュカメラ通販
コルクマット・ジョイントマット通販
美容ローラー 針美人(しんびじん)

ヤーマン サーミコン式脱毛器
no!no!hair Smart(ノーノーヘア スマート)
エバンジェリスト BBクリーム
フリーエリア
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。