江戸時代は、いろいろな意味で、私たちの知る「日本が」始まった時代といっていい。
「日本文化」と呼ばれるものの多くが、この時代に誕生、あるいは洗練されたことはいうまでもない。
江戸時代に生きた人々のロハスな生活には、学ぶべきところが多いようである。


--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-06-30

大奥の奥女中たちのストレス発散イベントとは?

優雅なイメージの大奥も、じつはひじょうに気苦労の多い職場だった。実権を握っている「御年寄」のようなうるさ方が多いうえ、大部屋住まいの女中にはプライベートの時間もなかった。
そんな彼女たちが唯一、思い切りストレスを発散できる日があった。年の瀬も迫った大晦日の夜である。年越しの夜、大奥では、一風変った「新参舞」という行事が行われた。大奥のなかでも、新規召抱えになった御末という女中たちが、裸踊りを披露して、ドンチャン騒ぎをするというものだ。
ステージは、大奥御膳所の上段板の間。その近くに屏風を立てたり、布を引っ張ったりして目を隠し、御台所がそっとのぞけるようにしておく。そうして準備が整ったところで、木綿の湯巻き、頭に手拭い、手には柄杓やすりこぎなどの小道具を持った踊り子が登場。やがて、古参の御末がヤカンや桶の底を叩いて、お囃子をはじめると、踊り子たちが踊りだす、という趣向である。
たんなる新米イビリのように思えるが、刺青があるかどうか調べるためにはじまったとか、裸ではなく、ただ踊ったり歌ったりしているだけだったとか、このイベントの本来の目的や実態はよくわかっていない。ただ一つ、はっきりいえるのは、奥女中たちが、新米をイビリたくなるほど、ストレスをためこんでいたということだ。なにせ、大奥には男っ気がまるでないのどから、みんな欲求不満だったのである。そのため、節分のときに、年男が大奥にやってくると、それはたいへんな騒ぎになったという。
豆まきといっても、現代のように「鬼は~そと、福は~うち」といって豆をまくスタイルとは違う。年男は無言でひたすら豆をまいて帰ってしまうだけで、そのうえ豆まき係の男といえば、50歳くらいのオッサンだった。それでも、男は男なわけで、女中たちも最初はおとなしくしているが、そのうちちょっかいをだしはじめて、帰ろうとする年男を取り囲んでしまう。それから、布団でぐるぐるの簀巻きにして、歌を歌いながら胴上げするのだ。
この初老の年男をおもちゃにできる豆まきイベントは、大奥の奥女中の人気ナンバーワン行事だったという。
スポンサーサイト

theme : 雑学・情報
genre : 学問・文化・芸術

tag : 歴史 江戸時代 雑学 大奥

comment

管理者にだけメッセージを送る

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

ジャンキー将軍

Author:ジャンキー将軍
江戸時代の知りたかった「謎」と「疑問」を解説します。

最近の記事
記事検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログランキング

FC2Blog Ranking

最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
Pick Up
amazon
焼肉通販・ホルモン通販
すき焼き・しゃぶしゃぶ肉通販
スパイカメラ・カモフラージュカメラ通販
コルクマット・ジョイントマット通販
美容ローラー 針美人(しんびじん)

ヤーマン サーミコン式脱毛器
no!no!hair Smart(ノーノーヘア スマート)
エバンジェリスト BBクリーム
フリーエリア
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。