江戸時代は、いろいろな意味で、私たちの知る「日本が」始まった時代といっていい。
「日本文化」と呼ばれるものの多くが、この時代に誕生、あるいは洗練されたことはいうまでもない。
江戸時代に生きた人々のロハスな生活には、学ぶべきところが多いようである。


--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-07-02

江戸時代、不倫がバレたらどんな刑罰が待っていた?

江戸時代は、建前として「妻の不倫」は許されていなかった。不倫がバレると、厳しい処罰が待っており、一家を巻き込む大騒動になった。
明暦元年(1655年)に、幕府が公布した『江戸市中法度』によれば、不倫は男女同罪とされ、夫は、密通した間男をその場で殺してもよいと定められていた。じっさい、妻を寝取られた武士が現場を押さえた場合は、即座にその不倫相手を斬り殺すことも許されていたのだ。
さらに、寛保2年(1742年)の『公家方御定書』でも、不倫した妻と相手の間男は死罪とされた。男は裸馬に乗せられて市中を引き回しのうえ、斬首した首を刑場で三日間さらす獄門。女は斬首の刑に処されることになった。当時の川柳にも「枯れ木の枝と間男は登りかけたら命がけ」と詠まれている。ただし、不倫で本当に死罪になるのは、相当の悪妻だけだったという。悪妻が不倫でもしようものなら、夫はこれで堂々と別れられると喜んで訴えたというわけだ。しかし、妻かわいさから、ほとんどのケースでは内々で問題を処理していたといわれる。
また、江戸時代も中期になると、不倫する者が後を絶たなくなり、死罪は重過ぎて現実的ではないという批判もあって、不倫は労役刑となった。不倫した女房は吉原に売られ、数年間、遊女として働かなければならなくなったのだ。しかし、そのころになると、夫のほうも、その多くは、親類縁者が立ち会って示談金で解決する道を選んだ。女房を寝取られた夫にすれば、ハラワタが煮えくり返る思いだろうが、示談金を受け取ることで、泣く泣く腹の虫をおさめたのだった。
金額は、大判一枚。当時、大判一枚は10両(約50万)に相当したが、じっさいには貨幣価値に合わせて、7両2分が支払われた。花魁の花代が3分(4分で1両)だったので、間男の代償はすいぶんな高額だった。
スポンサーサイト

theme : 雑学・情報
genre : 学問・文化・芸術

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ジャンキー将軍

Author:ジャンキー将軍
江戸時代の知りたかった「謎」と「疑問」を解説します。

最近の記事
記事検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログランキング

FC2Blog Ranking

最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
Pick Up
amazon
焼肉通販・ホルモン通販
すき焼き・しゃぶしゃぶ肉通販
スパイカメラ・カモフラージュカメラ通販
コルクマット・ジョイントマット通販
美容ローラー 針美人(しんびじん)

ヤーマン サーミコン式脱毛器
no!no!hair Smart(ノーノーヘア スマート)
エバンジェリスト BBクリーム
フリーエリア
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。