江戸時代は、いろいろな意味で、私たちの知る「日本が」始まった時代といっていい。
「日本文化」と呼ばれるものの多くが、この時代に誕生、あるいは洗練されたことはいうまでもない。
江戸時代に生きた人々のロハスな生活には、学ぶべきところが多いようである。


--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-11-07

大奥には本当に3000人もの美女がいたのか?

大奥3000人」という言い方をされるが、大奥に3000人もの女性がいたというのは、かなりの誇張である。
実際には、もっとも多いときでも1000人程度だった。
大奥には、将軍の正室、側室、将軍の生母らと、彼女らに仕える女中がいた。さらに、身分の高い奥女中の下では、多門、御半下、部屋方などと称された女性が働き、さらには行儀見習いの「部屋子」と呼ばれる若い女性たちもいた。
まず奥女中の人数は、たとえば13代将軍・家定の時代には、将軍自身に185人、御台所の天璋院には60人、生母の本寿院に41人と、300人弱の女性がいた。
これに、部屋方の女性を合わせると、総勢600人程度だったと推定される。
むろん、将軍には多数の側室を抱えていた者もいたわけだが、側室が増えても、大奥女性の数はそうは増えなかった。
側室につく女中の数は、正室や生母とは比べものにもならないほど少なかったからだ。
スポンサーサイト

theme : 雑学・情報
genre : 学問・文化・芸術

tag : 歴史 雑学 江戸時代 大奥

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ジャンキー将軍

Author:ジャンキー将軍
江戸時代の知りたかった「謎」と「疑問」を解説します。

最近の記事
記事検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログランキング

FC2Blog Ranking

最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
Pick Up
amazon
焼肉通販・ホルモン通販
すき焼き・しゃぶしゃぶ肉通販
スパイカメラ・カモフラージュカメラ通販
コルクマット・ジョイントマット通販
美容ローラー 針美人(しんびじん)

ヤーマン サーミコン式脱毛器
no!no!hair Smart(ノーノーヘア スマート)
エバンジェリスト BBクリーム
フリーエリア
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。