江戸時代は、いろいろな意味で、私たちの知る「日本が」始まった時代といっていい。
「日本文化」と呼ばれるものの多くが、この時代に誕生、あるいは洗練されたことはいうまでもない。
江戸時代に生きた人々のロハスな生活には、学ぶべきところが多いようである。


--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-07-14

八代将軍吉宗が敢行した仰天の大奥リストラ作戦とは?

“暴れん坊将軍”八代吉宗が、ある日、大奥に対してこんな命令をくだした。「奥向きの女中のなかで、容色すぐれた25歳以下を選び出してまいれ」
この命令に喜んだのが、大奥の女性たち。吉宗は紀州で正室を亡くしており、江戸に来たときは独身の33歳。選ばれた美女たちは誰もが、いよいよ玉の輿にのるチャンスがやってきたと舞い上がった。ところが、集まった美女たちを前に、吉宗はこう告げた。「今日限り、そのほうたちにヒマをつかわす」
目いっぱいのおめかしをした美女たちは、全員が呆気にとられたまま動けなかったという。これが、吉宗流の“大リストラ”だった。
吉宗は、質素・倹約、財政再建を旨とする享保の改革を断行したことで知られる将軍。自ら粗末な衣服を身につけ、粗食で範を示したその吉宗が、大奥の経費削減に手をつけないわけがなかった。なかでも、多額の費用がかかっていたのが、奥女中たちの人件費。それまでは、”終身雇用”が原則だったので、人員はふくれあがるばかりだった。並みの将軍なら、年齢の高い奥女中から順番にリストラ対象にしただろう。しかし、吉宗が首を切ったのは、若くて美しい女性ばかりだった。
その理由について、吉宗は、「不美人は、解雇されても人の妻になることもままならないが、容姿のすぐれた者は良縁も多いだろうから、殿中に置いておくのは好ましくない」と語っている。
もっとも、大奥の女性は、もともと選び抜かれた美女たち。本当のところは、その美人のなかでも、とくに美しいと選ばれた女性たちなら、本人も悪い気はせず、リストラがスムーズに運ぶと考えたからではないかといわれている。
また、美女を大奥から追放することで、世間に対して、改革に取り組む吉宗の本気度をアピールするためだったともみられている。
ちなみに吉宗は、若い美女には興味が無く「年増」「不美人」「太めの女性」が好みだったのではないかというウワサもある。
スポンサーサイト

theme : 雑学・情報
genre : 学問・文化・芸術

tag : 歴史 江戸時代 雑学 徳川 大奥

comment

管理者にだけメッセージを送る

脱OLだっ♪

 
 
 

 
  
はじめまして☆☆


楽しい記事が沢山ありそうですね!携帯からのお邪魔なので、家に帰ってから続きを読ませてもらいます。
 
 
 
 

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

ジャンキー将軍

Author:ジャンキー将軍
江戸時代の知りたかった「謎」と「疑問」を解説します。

最近の記事
記事検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログランキング

FC2Blog Ranking

最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
Pick Up
amazon
焼肉通販・ホルモン通販
すき焼き・しゃぶしゃぶ肉通販
スパイカメラ・カモフラージュカメラ通販
コルクマット・ジョイントマット通販
美容ローラー 針美人(しんびじん)

ヤーマン サーミコン式脱毛器
no!no!hair Smart(ノーノーヘア スマート)
エバンジェリスト BBクリーム
フリーエリア
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。