江戸時代は、いろいろな意味で、私たちの知る「日本が」始まった時代といっていい。
「日本文化」と呼ばれるものの多くが、この時代に誕生、あるいは洗練されたことはいうまでもない。
江戸時代に生きた人々のロハスな生活には、学ぶべきところが多いようである。


--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-07-18

女郎屋主人が提案した黒船退治のアイデアとは?

江戸時代は、士農工商という身分制度を基礎にした完全な上意下達の社会。お上のいうことは絶対で、お上が庶民の言い分に耳を傾けることなどほとんどなかった。ところが、ペリー提督率いる4隻の黒船が、浦賀沖に来たときには、幕府もよほど動転したとみえ、町人たちにまで、黒船退治の妙案をつのっている。もっとも、幕府からすれば、「黒船退治についての献策を許可する」という言い方になるのだが・・・・・。
この騒動を利用しようとしたのが、新吉原の女郎屋の亭主である。「小船に贈り物を積んで黒船に乗り込み、うまくだまして酒盛りを開く。そして、相手を油断させたところで、火薬庫に火をつけ、乗組員をマグロ包丁で切り殺す」という、いかにも町民らしい方法を提案。そして、もし自分の計画が成功すれば、見返りとして、新吉原遊郭の拡張を認めてほしいとお願いした。だが、このちゃっかりした交換条件も、自爆テロのような方策も却下。お上から、相手にされることはなかった。
もっとも、黒船退治の妙案といっても、庶民はもちろん、幕府でさえ、黒船についての詳しい情報をもっていなかった。そのため、寄せられた提案も、海上にゴミを流し、黒船のスクリューを動かなくするとか、潜水の達者な者を集めて、船底にキリやノミで穴を開けるというレベルのものばかりだった。
スポンサーサイト

theme : 雑学・情報
genre : 学問・文化・芸術

tag : 歴史 江戸時代 雑学

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ジャンキー将軍

Author:ジャンキー将軍
江戸時代の知りたかった「謎」と「疑問」を解説します。

最近の記事
記事検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログランキング

FC2Blog Ranking

最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
Pick Up
amazon
焼肉通販・ホルモン通販
すき焼き・しゃぶしゃぶ肉通販
スパイカメラ・カモフラージュカメラ通販
コルクマット・ジョイントマット通販
美容ローラー 針美人(しんびじん)

ヤーマン サーミコン式脱毛器
no!no!hair Smart(ノーノーヘア スマート)
エバンジェリスト BBクリーム
フリーエリア
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。