江戸時代は、いろいろな意味で、私たちの知る「日本が」始まった時代といっていい。
「日本文化」と呼ばれるものの多くが、この時代に誕生、あるいは洗練されたことはいうまでもない。
江戸時代に生きた人々のロハスな生活には、学ぶべきところが多いようである。


--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-08-09

「熨斗紙」の習慣は、江戸時代に始まる!

お祝い事の贈り物の包装に、心をこめたものであることを表すためにつけるのが熨斗(のし)。現代では水引とともに熨斗の形を印刷した紙も登場していて、贈り物の箱にかけられることが多い。この熨斗の習慣がはじまったのが江戸時代である。
そもそも、なぜ熨斗を贈り物につけるのだろうか。じつは、アワビが古代から高貴な生鮮品としてあつかわれてきたことに関係している。平安時代には祭祀のときの神への供物に、必ずアワビが加えられるようになり、鎌倉時代になると、貴族や武家のあいだで祝い事のさいに、贈り物に生のアワビを添えるという習慣が定着した。
ところが生アワビは傷みやすい。そこで江戸時代になると、日持ちをよくしたアワビで代用するようになった。アワビを大根料理のかつら剥きの要領で薄切りにしてから「火熨斗(ひのし)」という炭火を入れた鉄製の道具を使って乾燥させたのである。この薄切りにして乾燥させたアワビのことを「熨斗あわび」という。これがされに簡略化されて、現在の紙細工が誕生する。
熨斗あわびに見立てた黄色い紙を短冊状に切って、縁起のよい紅白の紙で、丁寧に折りたたむように包んだのだった。それもしだいに小さくなって、慶事の進物品に貼ることで、真心を示す印として定着したのである。
スポンサーサイト

theme : 雑学・情報
genre : 学問・文化・芸術

tag : 歴史 江戸時代 雑学

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ジャンキー将軍

Author:ジャンキー将軍
江戸時代の知りたかった「謎」と「疑問」を解説します。

最近の記事
記事検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログランキング

FC2Blog Ranking

最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
Pick Up
amazon
焼肉通販・ホルモン通販
すき焼き・しゃぶしゃぶ肉通販
スパイカメラ・カモフラージュカメラ通販
コルクマット・ジョイントマット通販
美容ローラー 針美人(しんびじん)

ヤーマン サーミコン式脱毛器
no!no!hair Smart(ノーノーヘア スマート)
エバンジェリスト BBクリーム
フリーエリア
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。