江戸時代は、いろいろな意味で、私たちの知る「日本が」始まった時代といっていい。
「日本文化」と呼ばれるものの多くが、この時代に誕生、あるいは洗練されたことはいうまでもない。
江戸時代に生きた人々のロハスな生活には、学ぶべきところが多いようである。


--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-08-26

庶民が布団の下に風呂敷を敷いて寝た理由とは?

江戸の庶民の多くは、裏長屋に住み、四畳半ほどの狭い部屋で家族が寝起きしていた。寝るときの夜具はというと、敷き布団だけで、なんと掛け布団がなかった。敷き布団の上に枕を置き、掻巻(かいまき)と呼ばれる綿入りの夜着をかけて寝ていたのだ。
武家や豊かな商家は掛け布団を用いていたが、庶民にはぜいたく品で使えなかった。しかし、掛け布団がなくても、掻巻は着物よりひとまわり大きく、襟と広袖のついた綿入れなので暖かかった。さらに、江戸っ子は、寝るときに工夫をしていた。まず床に八端織の風呂敷を、四ヶ所の角が頭の方角、左右の方角になるように敷く。その上に敷き布団を敷いて掻巻をかけてねたのだ。
こうしておくと、いざ火事になったときに、夜具を風呂敷でくるくる巻き、左右の風呂敷の角を持って夜具一式を背負い、左右の角を首の前で結び合わせて、すぐに持ち出すことができた。火事がひんぱんに起きた江戸が産んだ、庶民の賢い知恵である。
スポンサーサイト

theme : 雑学・情報
genre : 学問・文化・芸術

tag : 歴史 江戸時代 雑学 庶民

comment

管理者にだけメッセージを送る

こんにちは!

ブログ村から来ました!
江戸に興味持ってるのでマメ知識をたくさん書いてくださってていつもためになります^^
江戸っ子は生活の知恵をたくさん持ってたんですね~
いちいち感動してます!

No title

ありがとうございます。楽しんでいってください。
プロフィール

ジャンキー将軍

Author:ジャンキー将軍
江戸時代の知りたかった「謎」と「疑問」を解説します。

最近の記事
記事検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログランキング

FC2Blog Ranking

最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
Pick Up
amazon
焼肉通販・ホルモン通販
すき焼き・しゃぶしゃぶ肉通販
スパイカメラ・カモフラージュカメラ通販
コルクマット・ジョイントマット通販
美容ローラー 針美人(しんびじん)

ヤーマン サーミコン式脱毛器
no!no!hair Smart(ノーノーヘア スマート)
エバンジェリスト BBクリーム
フリーエリア
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。