江戸時代は、いろいろな意味で、私たちの知る「日本が」始まった時代といっていい。
「日本文化」と呼ばれるものの多くが、この時代に誕生、あるいは洗練されたことはいうまでもない。
江戸時代に生きた人々のロハスな生活には、学ぶべきところが多いようである。


--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-08-31

江戸の娘が習い事に一生懸命だったワケ?

いまも昔も、多くの独身女性は良縁を得て玉の輿にの乗ることを夢見ている。また、自分の娘が玉の輿に乗ることを望まない母親もいないだろう。
江戸も中期の元禄時代には、多くの町人が自分の娘を武家屋敷に奉公させたいと願っていた。当時、江戸の町人の人口は、圧倒的に男性が多く、女性は全人口の37パーセントほどだった。そのため町人の娘であっても、玉の輿に乗るチャンスがあった。そして武家屋敷への奉公は、その最大の近道だったのである。
武家屋敷に奉公に出された娘は、行儀見習いをしっかり教えこまれた。それも、町人の家とはまったくちがう高尚な作法や教養を身につけることができたのである。武家屋敷で働くことで、おのずと良縁に出会うチャンスも多くなった。そこで、町家の親たちは、娘を武家に雇ってもらえるように、さかんに芸事を習わせた。武家屋敷の大名や旗本は、町方から女性の奉公人を雇ったが、三味線、琴、踊り、小唄、浄瑠璃などの芸事が身についていることが採用の条件となることが多かったからだ。そのため、江戸時代にたくさんいた猛烈な教育ママは、娘にいくつもの芸事を習わせたのだ。
いっぽう、採用する側にも現代の企業を彷彿とさせるつぎのような話がある。柳沢吉保の孫、信鴻は、隠居すると江戸駒込の別邸、現在の六義園に住んだ。そのさい、女性の奉公人を大勢雇うことになり、娘たちの実技テストを行ったと日記に記している。以後、信鴻は20年近くにわたって250人近い町娘と面接したが、この実技テストは彼の楽しみになっていたという。
柳沢家に奉公できれば名誉なことで、玉の輿により近づける。もっとも、思惑どおりに玉の輿に乗れる者は、100人にひとりいるかいないかだったが、玉の輿に乗れなくても、何年が奉公していれば実家に戻るときには着物もたくさんたまるし、嫁入り道具も賜ることができた。それ以上に、武家に奉公すると、町屋とはちがう行儀作法や言葉づかいが身についたので、商家との良縁にめぐり合える可能性が高くなったのである。
スポンサーサイト

theme : 雑学・情報
genre : 学問・文化・芸術

tag : 歴史 江戸時代 雑学 庶民

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ジャンキー将軍

Author:ジャンキー将軍
江戸時代の知りたかった「謎」と「疑問」を解説します。

最近の記事
記事検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログランキング

FC2Blog Ranking

最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
Pick Up
amazon
焼肉通販・ホルモン通販
すき焼き・しゃぶしゃぶ肉通販
スパイカメラ・カモフラージュカメラ通販
コルクマット・ジョイントマット通販
美容ローラー 針美人(しんびじん)

ヤーマン サーミコン式脱毛器
no!no!hair Smart(ノーノーヘア スマート)
エバンジェリスト BBクリーム
フリーエリア
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。