江戸時代は、いろいろな意味で、私たちの知る「日本が」始まった時代といっていい。
「日本文化」と呼ばれるものの多くが、この時代に誕生、あるいは洗練されたことはいうまでもない。
江戸時代に生きた人々のロハスな生活には、学ぶべきところが多いようである。


--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-09-04

大奥が、江戸城明け渡しに頑として反対した理由とは?

西郷隆盛と勝海舟の会談で江戸開城が決まったのは、慶応4年(1868年)3月13日のこと。その二日後には、若年寄以下、旧幕府の役人は江戸城を出ていった。大奥の女性たちも江戸城を立ち退くことになり、ほとんどが里帰りを命じられた。
そのなかで、当時、大奥の実権を握っていた天璋院(13代家定の正室)とそのお付の女中たちは徳川御三卿の一つ、田安家に移った。同行したのは14代家茂の正室とそのお付の女中、さらに、15代慶喜夫人とそのお付の女中たちだった。彼女たちがそれぞれ里へ帰らず、田安家に入ったのは、徳川家復興を信じていたから。
その中心人物だった天璋院は、もともと薩摩藩の家老の娘で、まず藩主島津斉彬(しまずなりあきら)の養女となり、その後、近衛家の養女となっていくつものハクをつけてから、家定の三番目の正室となった女性。そのため、権力への執着心は人一倍強かった。
14代家茂は、「自分にもしものことがあれば、田安家の亀之助(のちの家達)を次の将軍に」と言い残していた。しかし、大坂で将軍が亡くなったとき、亀之助は、まだ4歳。あまりに幼いというので、慶喜が15代将軍につく。天璋院たちが田安家に移ったのは、徳川復興に備え、亀之助の教育にあたるためでもあった。
じつは、江戸開城が決まったあと、天璋院を里の薩摩へ返そうという動きがあったのだが、天璋院は猛反発。「何の罪があって里へお返しになるか。一歩もここを動きません。もし無理にでもお返しになれば自害する」と、懐剣を手放さなかった。
そのため、江戸城を明け渡すときも、「形式的に2、3日、明け渡せばよい」とだまされて連れ出された。天璋院は、徳川260年の威光を見せつけようと、雪舟の掛け軸なども飾り置いたまま出てきたという。
スポンサーサイト

theme : 雑学・情報
genre : 学問・文化・芸術

tag : 歴史 江戸時代 雑学 大奥

comment

管理者にだけメッセージを送る

良いブログですね^^

こんばんは遊びにきました。
いつ見ても良いブログですよね。
やっぱブログって時間かかって更新とか面倒臭い時もあるけど楽しいですよね^^
私は楽しんでやってます。
もし、良かったら私のブログも見てくださいね。
また遊びにきますね。
ではでは今後とも宜しくお願いします。
プロフィール

ジャンキー将軍

Author:ジャンキー将軍
江戸時代の知りたかった「謎」と「疑問」を解説します。

最近の記事
記事検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログランキング

FC2Blog Ranking

最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
Pick Up
amazon
焼肉通販・ホルモン通販
すき焼き・しゃぶしゃぶ肉通販
スパイカメラ・カモフラージュカメラ通販
コルクマット・ジョイントマット通販
美容ローラー 針美人(しんびじん)

ヤーマン サーミコン式脱毛器
no!no!hair Smart(ノーノーヘア スマート)
エバンジェリスト BBクリーム
フリーエリア
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。