江戸時代は、いろいろな意味で、私たちの知る「日本が」始まった時代といっていい。
「日本文化」と呼ばれるものの多くが、この時代に誕生、あるいは洗練されたことはいうまでもない。
江戸時代に生きた人々のロハスな生活には、学ぶべきところが多いようである。


--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-10-21

諸大名が迷惑するほどの絶倫ぶりとは?

徳川十一代将軍家斉は、日本の歴史上、もっともたくさんの子どもをつくった人物だといわれている。なにしろ、家斉には正妻の基子のほか、40人にものぼる側室がいた。この数は、歴代徳川将軍のなかでもっとも多い。
最初の子どもが生まれたのは、家斉17歳のとき。お相手は、薩摩藩主島津重豪(しげひで)の娘茂姫(しげひめ)で、子どもが生まれたのは華燭(かしょく)の典の翌月だ。つまり、二人は婚前交渉をシッカリすませていたことになる。以来、徳川家きっての性豪家斉は、40人もの側室を相手に励み、最終的に、なんと28男27女をもうけた。
55歳で最後の子どもが生まれるまで、子どもが生まれなかった年はわずか7年。多い年には4人の子どもが生まれている。途中で「このくらいでもういいか」と思わなかったところがエライというかスゴイ。
ところで、これほど多くの子どもたちは、その後、どう育てられたのだろうか?子どもの死亡率が高かった江戸時代、家斉ジュニアの約半数は幼くして亡くなり、無事に成人したのは25人。といっても、将軍家にそれだけの子どもがいれば、いろいろと面倒な話も起きかねない・・・・・。というわけで、嫁や婿として、各大名に押しつける格好になった。むろん、これは各大名にしてみれば、有難迷惑な話だった。
将軍家と縁組すれば、家格が上がり、徳川家の旧家の松平姓や、三つ葉葵の家紋の使用を許されるとメリットはあったが、その一方、婚礼などに莫大な費用がかかるし、正当な継承者が日陰者になるなど、デメリットのほうがはるかに大きかったのだ。しかも、嫁や婿を迎えるにあったては、幕府からさまざまに指図され、当然、トラブルもおきた。
家斉の九女を嫁に迎えた姫路の酒井家では、幕府の指示と違う新居をつくってしまったため、家老が切腹するという事態になっている。さらに、五女を迎えた佐賀鍋島藩では、出費がかさんで参勤交代ができなくなったり、水戸藩では養子を迎えるかどうかでモメにモメ、藩内分裂が起きている。このように、家斉のお気楽な子づくりは、諸大名のたいへんな負担を生んだ。
ちなみに、今や東大のシンボルである「赤門」は、34番目の溶姫(やすひめ)が、加賀の前田家に嫁ぐときの専用で入り口として建てられたものである。
スポンサーサイト

theme : 雑学・情報
genre : 学問・文化・芸術

tag : 歴史 江戸時代 雑学 徳川

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ジャンキー将軍

Author:ジャンキー将軍
江戸時代の知りたかった「謎」と「疑問」を解説します。

最近の記事
記事検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログランキング

FC2Blog Ranking

最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
Pick Up
amazon
焼肉通販・ホルモン通販
すき焼き・しゃぶしゃぶ肉通販
スパイカメラ・カモフラージュカメラ通販
コルクマット・ジョイントマット通販
美容ローラー 針美人(しんびじん)

ヤーマン サーミコン式脱毛器
no!no!hair Smart(ノーノーヘア スマート)
エバンジェリスト BBクリーム
フリーエリア
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。