江戸時代は、いろいろな意味で、私たちの知る「日本が」始まった時代といっていい。
「日本文化」と呼ばれるものの多くが、この時代に誕生、あるいは洗練されたことはいうまでもない。
江戸時代に生きた人々のロハスな生活には、学ぶべきところが多いようである。


--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-03-25

現代とはまったく違う!江戸時代のお見合い事情?

武家とは異なり、町人同士の結婚は本人の意思で行うことができたが、中流以上の家庭では、相手はだれでもよいというわけではなかった。それなりに商売の規模や家の仕事内容、財産、家格といったものが配慮されたのである。そんな状況のもとで、世話をする仲人がいたりすると、見合いが行われた。見合いといっても、現代のように当人同士が顔を合わせて話をするというものではない。本当に互いを「見合う」、つまり容姿やしぐさを観察し合うだけだった。
見合いの使われる場所は、社寺の境内にある茶屋など、人がたくさん集まる場所にある店が選ばれた。浅草寺や上野寛永寺、両国の回向院などであった。それぞれの家が、家族で参詣に訪れた帰りの立ち寄ったというような偶然を装って、同じ店に入るというセッティングがよく使われた。
また裕福な商家などの場合、芝居見物をお見合いに使うことも。あったそれぞれの家が少し離れた桟敷席を予約しておき、芝居の上演中にチラチラと相手を盗み見るといった調子であった。
こうしたお見合いで縁組がととのうと結納の運びとなり、男性側が女性宅を訪れる。しかし、この儀礼には結婚する当事者は居合わせない。このあと女性は持参金つきで嫁入りをするのがふつうで、その持参金の一割が、仲人に謝礼として払われる習わしだった。
こうした見合い結婚がふえると、やがて仲人を専門の職業にする人が現れる。彼らが報酬を得るためには、なんとか縁組をととのえて婚礼までこぎつけなければならない。そこで、あれこれ言葉を飾って当事者をほめることになる。ここから生まれたのが「仲人口」という言葉である。
なお、こうしてまとまった縁組でも、結婚生活がうまくいかず、不幸にして離縁になることはあった。そんなとき、嫁に落ち度がなければ、持参金は全額婿の家から返却されるのが決まりだった。
スポンサーサイト

theme : 雑学・情報
genre : 学問・文化・芸術

tag : 歴史 江戸時代 雑学

comment

管理者にだけメッセージを送る

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

ジャンキー将軍

Author:ジャンキー将軍
江戸時代の知りたかった「謎」と「疑問」を解説します。

最近の記事
記事検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログランキング

FC2Blog Ranking

最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
Pick Up
amazon
焼肉通販・ホルモン通販
すき焼き・しゃぶしゃぶ肉通販
スパイカメラ・カモフラージュカメラ通販
コルクマット・ジョイントマット通販
美容ローラー 針美人(しんびじん)

ヤーマン サーミコン式脱毛器
no!no!hair Smart(ノーノーヘア スマート)
エバンジェリスト BBクリーム
フリーエリア
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。