江戸時代は、いろいろな意味で、私たちの知る「日本が」始まった時代といっていい。
「日本文化」と呼ばれるものの多くが、この時代に誕生、あるいは洗練されたことはいうまでもない。
江戸時代に生きた人々のロハスな生活には、学ぶべきところが多いようである。


--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-11-27

絵島事件の陰にあった大奥の権力闘争とは?

大奥の最高実力者だった絵島が、大奥から追放されたのは、1714年(正徳4年)2月2日のことだった。
その数日前、絵島は月光院(七代家継の生母)の名代として、芝増上寺に参った後、木挽町(現在の銀座)の山村座で芝居見物を楽しんだ。そして、午後6時の門限ギリギリに帰り、門番に頼んで中へ入れてもらっていた。
当時、大奥の女性たちは、仕事で外出したついでに芝居見物や買い物をしたり、親族と会ったりしていた。門限までに帰れば、その程度の息抜きは大目にみられていたのだが、そのときに限って絵島はとがめられ、十数人の奥女中とともに追放処分となったのだ。
さらに、看板役者の生島新五郎が北町奉行所で拷問にかけられ、絵島との密通を自白する。絵島は頑強に否定したが、2人とも有罪とされ、絵島は信州高遠藩(長野県伊那市高遠)の藩主へのお預け、生島は三宅島へ遠島となった。と同時に、1500名もの関係者が処分された。
これが世にいう「絵島事件」だが、絵島が標的になった裏には、大奥での権力争いと大奥改革がからんでいたとみられる。
当時、大奥では、前将軍・家宣の正室だった天英院と七代家継の生母である月光院が対立し、権力争いを繰り広げていた。とくに、旧勢力である天英院派は、新興勢力の月光院派の追い落としを狙っていた。江島は月光院派だったため、旧勢力の標的となり、わずかなスキをつかれ追放されたとみられるのだ。
また当時、大奥は莫大な経費を食いつぶしていて、改革の必要性が指摘されていた。そこで幕閣らが絵島事件をでっちあげ、大奥の綱紀粛清をはかったとも考えられる。事実、この事件をきっかけに奥女中の数が減らされ、贅沢も厳しく規制されるようになった。
スポンサーサイト

theme : 雑学・情報
genre : 学問・文化・芸術

tag : 歴史 江戸時代 大奥 雑学

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ジャンキー将軍

Author:ジャンキー将軍
江戸時代の知りたかった「謎」と「疑問」を解説します。

最近の記事
記事検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログランキング

FC2Blog Ranking

最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
Pick Up
amazon
焼肉通販・ホルモン通販
すき焼き・しゃぶしゃぶ肉通販
スパイカメラ・カモフラージュカメラ通販
コルクマット・ジョイントマット通販
美容ローラー 針美人(しんびじん)

ヤーマン サーミコン式脱毛器
no!no!hair Smart(ノーノーヘア スマート)
エバンジェリスト BBクリーム
フリーエリア
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。