江戸時代は、いろいろな意味で、私たちの知る「日本が」始まった時代といっていい。
「日本文化」と呼ばれるものの多くが、この時代に誕生、あるいは洗練されたことはいうまでもない。
江戸時代に生きた人々のロハスな生活には、学ぶべきところが多いようである。


--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-12-01

幕府はペリー来航を一年以上前に知っていたって本当?

歴史の教科書には、たいてい「太平の眠りをさます上喜撰(蒸気船) たった四杯(隻)で夜も眠れず」という狂歌が紹介されている。
授業では、この狂歌とともに1853年(嘉永6年)、アメリカのペリー提督が黒船を率いて来航したとき、幕府も庶民もパニックに陥った、と教えられるものだ。
幕府が、ペリーが来航するという情報を一年以上も前からつかんでいたという事実を教えてくれる歴史教師はまずいない。
当時、日本は”鎖国状態”だったといっても、長崎を窓口にしてオランダや中国とは交流があった。また、ペリー来航のずいぶん前から、日本近海には外国船がたびたび姿を現していた。
実際、同じアメリカのビッドルが二隻の軍艦を率いて浦賀に現れ、幕府に通商を要求したこともあった。幕府にとって、ペリーは突然現れたエイリアンではなかったのだ。
さらに、幕府は、オランダから毎年、「風説書」という報告書を提出してもらい、国外情勢をめぐる情報を収集していた。ペリーの来航についても、その「風説書」によって一年以上前から察知していたのである。
そこには、ペリーがアメリカ大統領の親書を携えて日本に来航、開国を迫る予定が記され、具体的な要求事項や黒船の数まで正確に報告されていた。
事前に詳細な情報を入手していた幕府は、黒船の来航に驚き、いたずらにパニックに陥ったわけではなかったのだ。
スポンサーサイト

theme : 歴史
genre : 学問・文化・芸術

tag : 歴史 江戸時代 雑学

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ジャンキー将軍

Author:ジャンキー将軍
江戸時代の知りたかった「謎」と「疑問」を解説します。

最近の記事
記事検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログランキング

FC2Blog Ranking

最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
Pick Up
amazon
焼肉通販・ホルモン通販
すき焼き・しゃぶしゃぶ肉通販
スパイカメラ・カモフラージュカメラ通販
コルクマット・ジョイントマット通販
美容ローラー 針美人(しんびじん)

ヤーマン サーミコン式脱毛器
no!no!hair Smart(ノーノーヘア スマート)
エバンジェリスト BBクリーム
フリーエリア
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。