江戸時代は、いろいろな意味で、私たちの知る「日本が」始まった時代といっていい。
「日本文化」と呼ばれるものの多くが、この時代に誕生、あるいは洗練されたことはいうまでもない。
江戸時代に生きた人々のロハスな生活には、学ぶべきところが多いようである。


--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-12-08

「千両役者」のギャラは本当に千両?

名優のことを「千両役者」と呼ぶのは、江戸時代の歌舞伎役者に、一年間に1000両も稼いだ者がいたことに由来する。
江戸時代、歌舞伎は娯楽として大人気を得るが、お客が入るかどうかは、ひとえにどんな役者を出演させられるかにかかっていた。人気役者は浮世絵にかかれ、関連グッズが販売され、劇場にお客を呼び寄せたのである。
そこで劇場は、花形役者と一年単位で出演契約を結んだ。今でいえば、プロ野球選手の契約更改のようなもので、そのうち年棒1000両以上で契約した名優のことを「千両役者」と呼んだ。
江戸時代は260年余りも続いたので、1000両といっても時代によって金銭価値は違うが、現在でいえば、8000万円~一億円といったところだろう。
最初に千両役者になったのは、女形芸を確立した初世芳沢あやめ(1673~1729年)か、あるいは荒事芸を確立した二世市川団十郎(1688~1757年)だったとみられている。
なお、何事にも質素倹約を旨とする徳川幕府は、こうした高額のギャラは風紀を乱すものと考え、役者の最高年俸を年500両にするようにと何度も命じたが、現実には高額の報酬が支払われ続けていた。
そのため、劇場の経営が圧迫され、寛政年間(1789~1800年)には、中村座、市村座、森田座の江戸三座がすべて休業したこともあったくらいだ。
スポンサーサイト

theme : 雑学・情報
genre : 学問・文化・芸術

tag : 歴史 江戸時代 雑学

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ジャンキー将軍

Author:ジャンキー将軍
江戸時代の知りたかった「謎」と「疑問」を解説します。

最近の記事
記事検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログランキング

FC2Blog Ranking

最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
Pick Up
amazon
焼肉通販・ホルモン通販
すき焼き・しゃぶしゃぶ肉通販
スパイカメラ・カモフラージュカメラ通販
コルクマット・ジョイントマット通販
美容ローラー 針美人(しんびじん)

ヤーマン サーミコン式脱毛器
no!no!hair Smart(ノーノーヘア スマート)
エバンジェリスト BBクリーム
フリーエリア
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。