江戸時代は、いろいろな意味で、私たちの知る「日本が」始まった時代といっていい。
「日本文化」と呼ばれるものの多くが、この時代に誕生、あるいは洗練されたことはいうまでもない。
江戸時代に生きた人々のロハスな生活には、学ぶべきところが多いようである。


--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-12-11

夜と昼で泥棒の罪の重さが変ったのはなぜ?

江戸時代は重罰主義で、10両盗んだだけで死罪となった。10両といえば、今の80万円程度なのだが、それだけの盗みで首がとんだのだ。
しかし、そんな重罰にも但し書きがつく。たしかに、夜、人の家に忍び込んで10両盗めば死罪となることが多かったが、白昼の空き巣の場合は、何度も捕まっていなければ、せいぜい笞打ち程度の刑罰ですんだのだ。昼間のスリも同様で、罪が軽かった。
昼と夜とで罪の重さが異なっていたのは、戦国武士道の影響だとみられている。戦国時代、自分の生命や財産を守るのは自分であり、守りきれなくとも、それを敵のせいにはできない。
戦国時代は、つねに敵がどこかにいるのだから、油断は禁物だった。にもかかわらず、油断して敗れるのは、こちらにも落ち度があったことになる。これと同じ考えが、江戸時代の刑罰にも適応されたのだ。
白昼に空き巣に入られるのは、留守番もいなかった証拠であり、盗まれるほうにも落ち度がある。白昼のスリにしても同様だ。
被害者にも自己管理できていなかったという落ち度がある分、犯人の罪が軽くされたのである。
スポンサーサイト

theme : 雑学・情報
genre : 学問・文化・芸術

tag : 歴史 江戸時代 雑学

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ジャンキー将軍

Author:ジャンキー将軍
江戸時代の知りたかった「謎」と「疑問」を解説します。

最近の記事
記事検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログランキング

FC2Blog Ranking

最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
Pick Up
amazon
焼肉通販・ホルモン通販
すき焼き・しゃぶしゃぶ肉通販
スパイカメラ・カモフラージュカメラ通販
コルクマット・ジョイントマット通販
美容ローラー 針美人(しんびじん)

ヤーマン サーミコン式脱毛器
no!no!hair Smart(ノーノーヘア スマート)
エバンジェリスト BBクリーム
フリーエリア
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。