江戸時代は、いろいろな意味で、私たちの知る「日本が」始まった時代といっていい。
「日本文化」と呼ばれるものの多くが、この時代に誕生、あるいは洗練されたことはいうまでもない。
江戸時代に生きた人々のロハスな生活には、学ぶべきところが多いようである。


--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-12-30

高い枕があえて使われるようになったわけとは?

江戸時代の枕といえば、時代劇でよく見かける「箱枕」である。ただし、箱枕は江戸中期以降のもので、初期は括り(くくり)枕で寝ていた。括り枕は、長方形の袋の中に綿やそばがら、茶がらなどを入れてつくる円筒形の枕。まだしも、こちらのほうが現在の枕に近かった。おそらく寝やすくもあっただろう。
ところが、中期になると、括り枕が使われるようになり、代わって高さのある木枕が登場する。その木枕に代わって、やがて箱枕が主流となる。
箱枕は、箱型の木枕の上に括り枕を乗せたもの。括り枕がずれ落ちないよう、木枕と括り枕が紐で結び付けてあった。
木枕にしろ、箱枕にしろ、ずいぶんと高い枕なので、首を痛めそうな感じもする。そんないかにも寝ずらそうな枕で寝るようになったのは、髪型に大きな変化が起きたからである。
江戸初期の髪型は単純だった。女性は無造作な垂れ髪か、それを後ろで軽く結ぶくらい。男性も、武士にしろ町人にしろ、凝った髪型をしていなかった。そのため、低い括り枕でも十分だった。
江戸中期になると、男女ともおしゃれを覚え、髪型にも凝りはじめる。女性の髪形はまず後ろに張り出し、明和年間には今度は左右に張り出すようになる。せっかく結い上げた髪形が台無しになるからだ。
男性も同様で、髷に凝りはじめると、低い枕では髪型を崩してしまうため、男女とも高い枕を必要とするようになったのだ。その需要に応じたのが箱枕であり、寝やすさよりもヘアスタイルを優先にした江戸のおしゃれ革命の産物といえた。
スポンサーサイト

theme : 雑学・情報
genre : 学問・文化・芸術

tag : 歴史 江戸時代 雑学

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ジャンキー将軍

Author:ジャンキー将軍
江戸時代の知りたかった「謎」と「疑問」を解説します。

最近の記事
記事検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログランキング

FC2Blog Ranking

最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
Pick Up
amazon
焼肉通販・ホルモン通販
すき焼き・しゃぶしゃぶ肉通販
スパイカメラ・カモフラージュカメラ通販
コルクマット・ジョイントマット通販
美容ローラー 針美人(しんびじん)

ヤーマン サーミコン式脱毛器
no!no!hair Smart(ノーノーヘア スマート)
エバンジェリスト BBクリーム
フリーエリア
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。