江戸時代は、いろいろな意味で、私たちの知る「日本が」始まった時代といっていい。
「日本文化」と呼ばれるものの多くが、この時代に誕生、あるいは洗練されたことはいうまでもない。
江戸時代に生きた人々のロハスな生活には、学ぶべきところが多いようである。


--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-01-05

庶民が「春画」を購入した意外な目的とは?

江戸時代、隆盛をきわめた浮世絵の中でも、とくに男女のセックスを模写したのが「春画」である。男女の性器、その結合の様子を描いたセックス図絵は、現代のアダルトビデオ以上に露骨な表現であり、刺激的といえる。
ところが、江戸時代、春画はけっして日陰の存在ではなく、葛飾北斎や喜多川歌麿をはじめとする大物絵師も多数描いていた。
それほどに需要が多かったともいえるが、じつは春画の買い手は男性ばかりではなかった。もちろん、独身男性を中心とする男性需要が主だったが、女性の需要もあった。嫁入り前の娘に、母親が買い与えたのである。
当時、嫁入り前の娘の多くはバージンであり、セックスがどんなものか、ペニスがどんなものか、まったく知らなかった。そのまま嫁いでは、新婚初夜が思いやられるというわけで、母親が親心から娘に買い与えたのだ。
春画では、男性のイチモツが、実物よりもはるかに大きく描かれている。春画で巨大な男根を見ておけば、初夜の際、それほどの驚きや恐怖を感じずにすむという効果もあったようだ。
スポンサーサイト

theme : 雑学・情報
genre : 学問・文化・芸術

tag : 歴史 江戸時代 雑学

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ジャンキー将軍

Author:ジャンキー将軍
江戸時代の知りたかった「謎」と「疑問」を解説します。

最近の記事
記事検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログランキング

FC2Blog Ranking

最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
Pick Up
amazon
焼肉通販・ホルモン通販
すき焼き・しゃぶしゃぶ肉通販
スパイカメラ・カモフラージュカメラ通販
コルクマット・ジョイントマット通販
美容ローラー 針美人(しんびじん)

ヤーマン サーミコン式脱毛器
no!no!hair Smart(ノーノーヘア スマート)
エバンジェリスト BBクリーム
フリーエリア
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。