江戸時代は、いろいろな意味で、私たちの知る「日本が」始まった時代といっていい。
「日本文化」と呼ばれるものの多くが、この時代に誕生、あるいは洗練されたことはいうまでもない。
江戸時代に生きた人々のロハスな生活には、学ぶべきところが多いようである。


--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-01-09

将軍の食事はどのくらい贅沢だった?

徳川将軍の食事といえば、贅沢を尽くしたものと思われがちだが、案外そうでもなかった。今どきの美食家のほうが、よほど贅沢なものを食べていることだろう。
将軍の朝食は、二の膳まで付き、まず一の膳には、飯、汁、刺し身と酢の物などの向こう付け、平(煮物)が乗っていた。二の膳は、吸い物と焼き物だ。二の膳の焼き物は、キスの塩焼きに付け焼きの二種と決まっていた。
キスは「鱚」(喜ばしい魚)と書くところから、縁起のいい魚とされていたのだ。ただそれだけの理由で、将軍はほとんど毎朝、キスを食べなければならなかった。ただし、毎月一日、十五日、二八日には、キスの代わりに、タイやヒラメの尾頭つきがついた。将軍の昼食も、二の膳つきだ。魚は、タイやヒラメ、カレイ、カツオなどが付く。ほかに、将軍の所望する献立も出てくる。
夕食は、二の膳は付かなかったが、大きな膳を使い、品数はより多くなった。雁や鶴、鴨などの鳥料理が出ることもあったし、酒も付いた。
なお、十五代将軍・慶喜は、フランスと親交が深く、ポークピカタなどの豚料理を好んだ。そのため、彼が一橋家出身であることとかけて、「豚一様」と江戸の町民からあだ名をつけられることになった。
ただし歴代将軍には偏食家が多かったようだ。アミの塩辛や生姜のモヤシといった、ちょっと首を傾げるようなものを好んで食べる将軍もいた。世間を知らないため、食わず嫌いの側面もあったようだ。
各国大名からの献上品が膳にのぼることもあって、九州の八代みかんや尾張の鮨などを好む将軍もいた。ただし、鮨といっても今日のものと違い、アユの麹漬けのようなものだ。
と、意外に地味な将軍の食事だが、最上級の素材が用意されていたこと間違いない。そのあたりは、贅沢だったといえるだろう。
スポンサーサイト

theme : 雑学・情報
genre : 学問・文化・芸術

tag : 歴史 江戸時代 雑学 徳川

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ジャンキー将軍

Author:ジャンキー将軍
江戸時代の知りたかった「謎」と「疑問」を解説します。

最近の記事
記事検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログランキング

FC2Blog Ranking

最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
Pick Up
amazon
焼肉通販・ホルモン通販
すき焼き・しゃぶしゃぶ肉通販
スパイカメラ・カモフラージュカメラ通販
コルクマット・ジョイントマット通販
美容ローラー 針美人(しんびじん)

ヤーマン サーミコン式脱毛器
no!no!hair Smart(ノーノーヘア スマート)
エバンジェリスト BBクリーム
フリーエリア
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。