江戸時代は、いろいろな意味で、私たちの知る「日本が」始まった時代といっていい。
「日本文化」と呼ばれるものの多くが、この時代に誕生、あるいは洗練されたことはいうまでもない。
江戸時代に生きた人々のロハスな生活には、学ぶべきところが多いようである。


--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-01-14

おちゃいな」の女性が町で拾っていたものは?

昔のパリやロンドン、ニューヨークなどと比べると、江戸はひじょうに美しい街だった。「チリ一つ落ちていなかった」という記録もあるほどだ。
ただし、町の隅々まで清掃が行き届いていたといっても、清掃業者が大勢いたからではない。”市民意識”の高さとともに、街に落ちているものを拾い集め、リサイクルする業者が多かったのである。
「おちゃいな」と呼ばれた人たちも、江戸の町の”リサイクル業者”だった。
頭の上に袋や風呂敷包みを乗せ、町中を歩く女性たちがいた。「落ちはないか」と呼び歩いたので、それがナマッて「おちゃいな」という職業名になった。
彼女たちが拾い歩いたのは、もっぱら髪の毛である。拾うだけではなく、家庭や商家などからも抜け毛を買い集め、カツラ業者に売るのがこの商売だった。当時は、髪の毛の模造品を作る技術がなかったので、芝居などで使われるカツラは、集めた人毛や動物の毛で作られていた。
「おちゃいな」は、午後2時ぐらいから街角に現れた。午後から仕事を始めたのは、昼過ぎにならないと髪の毛が集まらなかったからだという。江戸は、人の往来が増えなければ、髪の毛一本落ちていないほど美しい町だったというわけである。
スポンサーサイト

theme : 雑学・情報
genre : 学問・文化・芸術

tag : 歴史 江戸時代 雑学

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ジャンキー将軍

Author:ジャンキー将軍
江戸時代の知りたかった「謎」と「疑問」を解説します。

最近の記事
記事検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログランキング

FC2Blog Ranking

最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
Pick Up
amazon
焼肉通販・ホルモン通販
すき焼き・しゃぶしゃぶ肉通販
スパイカメラ・カモフラージュカメラ通販
コルクマット・ジョイントマット通販
美容ローラー 針美人(しんびじん)

ヤーマン サーミコン式脱毛器
no!no!hair Smart(ノーノーヘア スマート)
エバンジェリスト BBクリーム
フリーエリア
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。