江戸時代は、いろいろな意味で、私たちの知る「日本が」始まった時代といっていい。
「日本文化」と呼ばれるものの多くが、この時代に誕生、あるいは洗練されたことはいうまでもない。
江戸時代に生きた人々のロハスな生活には、学ぶべきところが多いようである。


--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-01-19

武士はどうやって結婚相手を選んだ?

武士のほとんどは、親が決めた相手と結婚したが、親同士が合意すればOKというわけではなかった。藩庁に届け出て、許可を得なければならなかったのだ。大名や旗本は、幕府の許可が必要だった。
武士の結婚に許可が必要だったのは、大名クラスの場合は、縁組によって同盟関係ができることを幕府が恐れたから。とくに、大名と公家の間の結婚は厳しく禁じられた。大名と公家が結びつくのは、幕府にとって認められないことだった。
また、ふつうの武士の結婚も許可制だったのは、身分秩序の乱れを警戒したためである。たとえば、同じ幕府直参でも、御目見以上である旗本の子弟と御目見以下である御家人の子弟は結婚できなかった。また、武士が身分を越えて、町人、農民と結婚することもできなかった。
ただし、下級武士の場合、農民の娘をめとったり、逆に自分の娘を裕福な農家や商家に嫁がせることは黙認されていた。その支度金は、貧乏武士にとって大きな収入となった。
旗本クラスでも、農家に自分の娘を嫁がせることがあったが、そのときはまず娘を下級武士の養女とした。そうすれば、農家に嫁がせても黙認されたのだ。
江戸の結婚の特徴は、藩なり幕府なりの許可を得た時点で夫婦と認められたことだ。たとえその後、結納しなくても、夫婦と見なされた。
許可を得ると、すぐに輿入れしてもいいし、まだ年が若ければ数年後にしてもよかった。輿入れとなると、まずは嫁入り道具が嫁ぎ先に届けられ、それから輿入れとなる。花嫁は駕籠に乗って嫁ぎ先に赴き、祝言をあげた。
スポンサーサイト

theme : 雑学・情報
genre : 学問・文化・芸術

tag : 歴史 江戸時代 雑学 武士

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ジャンキー将軍

Author:ジャンキー将軍
江戸時代の知りたかった「謎」と「疑問」を解説します。

最近の記事
記事検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログランキング

FC2Blog Ranking

最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
Pick Up
amazon
焼肉通販・ホルモン通販
すき焼き・しゃぶしゃぶ肉通販
スパイカメラ・カモフラージュカメラ通販
コルクマット・ジョイントマット通販
美容ローラー 針美人(しんびじん)

ヤーマン サーミコン式脱毛器
no!no!hair Smart(ノーノーヘア スマート)
エバンジェリスト BBクリーム
フリーエリア
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。