江戸時代は、いろいろな意味で、私たちの知る「日本が」始まった時代といっていい。
「日本文化」と呼ばれるものの多くが、この時代に誕生、あるいは洗練されたことはいうまでもない。
江戸時代に生きた人々のロハスな生活には、学ぶべきところが多いようである。


--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-01-27

武士にも「受験勉強」があった?

江戸時代の徳川幕藩体制のなかで、将軍家に直接仕えている旗本や御家人の武士は「直参」と呼ばれ、名門とされた。しかし、だからといって安穏とはしていられなかった。名門だけに家督を継承するには資格が必要とされたからだ。その目安となったのが、「素読吟味(そどくぎんみ)」と呼ばれた試験である。
この試験は、毎年10月と11月に行われていた。11人もいる試験官を前に「四書五経(四書は大学・中庸・論語・孟子。五経は易経・書経・詩経・礼記・春秋)」の書物のなかのどれかを、いわれるままのページを開いて声に出して読むというのが試験内容だ。なんだ読むだけか、といっても、書物に書かれているのは漢文だからほとんど丸暗記でもしていなければ、正しく読み下すことはできない。町人の子が、ただ寺子屋で文字の読み書きを習うのとはちがう勉強が、直参の子どもたちには求められていたのである。
そんな彼らの受験勉強は、5歳の手習いからはじめられ、7歳になると素読(文章の意味は考えず、文字だけを声に出して読むこと)の練習をはじめる。テレビの時代劇で武士の子が、書物を開いて「し、のたまわく~」などと声に出しているのが、その勉強なのである。最初は父兄が基礎を教え、さらに、8歳くらいから師匠のところへ通いはじめる。それを数年続けて、だいたい13歳くらいになると受験の願書を出す。受験資格は17歳からと定められていたが、そんな年になるまで勉強しなければならないようでは、合格はおぼつかない。学問所もその事情は承知しており、実年齢が何歳であろうと願書に17歳と記入してあれば受け付けたという。
ただし、いくら年齢が若くても3回不合格になったら受験資格を失った。こうなると、たとえ長男であっても、家督相続資格を失い、どこかに養子の口でもない限り、一生を「部屋住み」と称する実家の居候生活ですごすことになった。

theme : 雑学・情報
genre : 学問・文化・芸術

tag : 歴史 江戸時代 雑学 武士

2009-01-22

外国人が教養の高さに驚いた「寺子屋」?

江戸時代には多くの西洋人が来日したが、彼らが一様に驚いたのが、日本人の知性の高さである。文久3年(1863)に条約締結のため来日したスイスのアンベールは、日本の男女の多くが読み書き・算術(そろばん)ができる知力を持っていることに感嘆している。
江戸時代の知力の高さには、当時の学校である寺子屋が大きく貢献している。寺子屋は、中世の寺での教育がはじまりといわれ、江戸時代中期以降にその数が急激に増加し、多くの子どもが就学していた。子どもたちが寺子屋に通ったのは、生活に「読み書きそろばん」が欠かせなかったからだ。幕府の文書主義により、お上から庶民への通達は、高札という辻に立てられる文書であったので、これが読めないと困ったのである。
さらに、訴訟も関所の通行手形も文書でなければ受けつけられなかった。また、商工業が発達して、貨幣が出回ると計算能力も必要になった。さらに大衆向けに浮世草子などの娯楽本が種々出版されたが、字が読めないと、それを楽しむこともできなかった。つまり、庶民とはいえども「読み書きそろばん」ができなければ、日々の生活に支障をきたしたのだ。そのため、急激に寺子屋がふえ、一時期、江戸の町の就学率は70パーセント以上にも達していたという。では、その寺子屋はどんなふうに子どもに学ばせていたのだろうか。
寺子屋の多くは、寺院・神社や自宅を教室として開放していた。先生は「師匠」と呼ばれ、近隣の僧侶・神官、医者、武士、浪人、商家のご隠居などがその役をつとめた。入退学は自由で、だれでも通うことができた。入学金や授業料もとくに規定はなく、お金の代わりに米や野菜を治めてもよかった。おおよそ6~14歳の子どもが対象で、「読み書きそろばん」のほかに、農民の子には農作物の栽培法、商家の子どもには売買の記帳をする大福帳の書き方、さらには歴史、地理、理科なども教えた。
授業は、かなり自由な雰囲気で行われていたようだ。子どもたちの机の向きや座る席はバラバラ。なかには師匠とじゃれ合ったり、寝そべったりする子もいた。

theme : 雑学・情報
genre : 学問・文化・芸術

tag : 歴史 江戸時代 雑学

2009-01-16

初対面の人へのタブー“三脱の教え”って?

暮らしを、粋で心地よいものにするために、江戸時代には、「三脱の教え」というものがあった。「三脱」とは三つのものにとらわれるなという意味だが、その三つとは「年齢・職業・地位」である。
江戸の町は将軍様のお膝元ではあるが、武士といっても直参旗本もいれば、各藩邸勤務の藩士もいた。また、同じ藩でも参勤交代で江戸滞在中の田舎武士もいた。町人にいたっては、生まれも育ちも職業も稼ぎの額も千差万別、いろいろな人がごちゃまぜになって暮らしていた。いちおう、武家屋敷区域と町家区域とは分かれていて、生活テリトリーが異なるとはいえ、趣味の会や講などで同席することも少なくなかった。
そんなとき、はじめて顔を合わせた人に聞いてはいけないのが、この「年齢・職業・地位」だった。また、名前は本名ではなく、互いに仮の名で呼び合うのが習わしだった。仮の名は、たとえば見た目やしぐさなどからつけた「あだ名」と呼ばれるもので、一種のニックネームである。しかも、相手のあだ名がわからない場合は、自分から何と呼ぶかを聞いてはいけない。すでに顔見知りのだれかが、その人の名を呼ぶのを待ってから、それを記憶するという具合だった。
こうした習慣は「士農工商」の身分にとらわれないつきあいをしている、ということを表すためのルールだった。もちろん、本名や素性がわかったとしても、つきあい方が変るわけではなかっただろうが、あえて知ろうとしないのが江戸人の心意気だったのである。

theme : 雑学・情報
genre : 学問・文化・芸術

tag : 歴史 江戸時代 雑学

2009-01-08

参拝する神社が毎年変っていた初詣?

お正月がめでたいというのは、ただ新しい年を迎えるからだけではない。その年の「歳神様」がわが家にやってくるからという意味もあるのだ。歳神様とは、大晦日の夜に恵方より各家庭を訪れ、その家に一年間の健康と幸福を授ける神様である。かつては、どこの家にも神棚があり、年があらたまるとそこに歳神様がやってくると考えられていた。いまでも戸口にしめ飾りをするのは、家のなかに神様を迎えるための場所をつくってありますよ、という印の名残なのである。
この歳神様のうち、陰陽道では、とくにその年の福を招く神様を「歳徳神」といい歳徳神がいるとされる方角を「恵方」と呼んだ。恵方という言葉は、節分の日の恵方巻きのおかげで、近年は耳になじんだ人も多いだろう。海苔巻きを丸かじりするときに恵方の方角に向かうと福が来るといわれている。そして、この恵方が重視されたのが、江戸時代の初詣なのである。人々はわが家から恵方に位置する神社を初詣に選んだ。歳徳神のいる神社に参り、一年を平穏にすごせるように祈ったのだ。
恵方の方角は、陰陽五行説から生まれた暦の十干『甲(きのえ)・乙(きのと)・丙(ひのえ)・丁(ひのと)・戊(つちのえ)・巳(つちのと)・庚(かのえ)・辛(かのと)・壬(みずのえ)・葵(みずのと)』よる年回りで毎年変る。そのため、暦を見ては、今年はこの方角にある神社、来年はあちらの方角の神社というふうに、江戸の人々は年ごとに初詣に出向く神社を変えていたのである。
江戸時代には新年の行事として定着していた恵方参りという習慣は、大正時代に全国の神社が政府によって格付けされたことをうけて忘れ去られていく。やがて現代のように、大きく有名な神社への初詣が主流となっていったのである。

theme : 雑学・情報
genre : 学問・文化・芸術

tag : 歴史 江戸時代 雑学

2008-12-27

大晦日は借金取りが町を駆けめぐった?

江戸時代庶民の生活は、一部の富裕層を除き、けっして楽ではなかった。大晦日には、借金取りが町を駆けめぐり、町人はそれを何とかしのごうと必死だった。
当時の借金の支払い方法は、盆と暮れの二季払いというのがしきたりだった。とくに大晦日は一年の総決算。すべてを清算するので、取り立てるほうも返さなければならないほうも大変だった。貸したほうは、新年を迎えるためには、最後まで走りまわって借金を徴収しなければならない。また、返すほうも朝から走りまわって金を工面し、何とか返さなければならない。返せない者には、言い訳をしてまわるのに大わらわになった。
この時代の川柳や狂歌、落語などにも、大晦日の掛け取り(取立て)の様子を題材にしたものが多く、当時の世相をよく表している。借金取りから逃れようと、あの手この手の言い訳をする夫婦をテーマにした落語『掛取万歳』では、大晦日に借金を返せない夫婦が、掛け取りの好きなものでごまかそうとする様子が語られている。狂歌に凝っている狂歌好きには、狂歌でごまかし、喧嘩好きな魚屋には喧嘩で踏みたおし、芝居好きには芝居の台詞でごまかし、万歳好きな三河屋には万歳でごまかそうとする、という話である。
また、川柳には、次のように詠った句がある。『病人にまやまものある大三十日(おおみそか)』
「まやもの」とは「にせ者」のこと。病気のふりをして掛け取りをごまかしている様子である。また次のような句もあった。『寝るのにも二通りある大三十日』
「二通りある」とは、仮病で寝るのと、仕事が終わって寝るのとの二通りで、これも掛け取りをごまかすために仮病を使っている様子を詠ったものだ。
江戸の大晦日は、夜明けまで借金取りと金を借りた町人のあいだで、すさまじい攻防が展開されていたのである。

theme : 雑学・情報
genre : 学問・文化・芸術

tag : 歴史 江戸時代 雑学 庶民

2008-12-23

江戸時代に流行した美女とヘビのエロチックショーって?

美女とヘビのエロチックショーといえば、現在の感覚では、なにやら妖しげな雰囲気を想像するかもしれないが、江戸時代初期に流行したのは、子どもだましのようなものだった。美女がヘビをつかんで、首や手足に巻きつけるというものだった。しかも、美女が裸で出演しているわけでもない。今なら、ペットショップの余興程度の出し物だが、当時はこれが大人気を博した。江戸に15軒もあった見世物小屋が、連日押すな押すなの大盛況となったのだ。
人気の的になったのは、ヘビよりも美女を拝めること。女性が美しいほどお客が入ったというので、興行主は、ヘビより美女集めに熱心だったという。また、ヘビを扱うといっても、素人にもできるカラクリが施されていた。
まず、ヘビを捕まえるとき、木綿の布で思い切りしごいて、ウロコの縁にある細かいトゲをむしりとる。さらに、木綿の布を口に突っ込み、一気に引き抜くことで、歯もすべて落とす。こうすれば、ヘビは弱り、街でスカウトしてきたばかりの美女でも、自在に扱うことができたという。
しかし、興行は、ヘビに残酷だったことが裏目となって、ある日、突然中止されてしまう。動物の殺生を禁止した「生類憐みの令」が発布されたのだった。犬だけではなく、動物を利用した見世物はすべて中止に追い込まれた。
もっとも、30年後に「生類憐みの令」が廃止されると、美女とヘビのショーも復活。見世物小屋の売り物として、明治時代まで続けられた。

theme : 雑学・情報
genre : 学問・文化・芸術

tag : 歴史 江戸時代 雑学

2008-12-18

初夢で一年を占っていた江戸っ子たち?

初夢にいい夢を見るのが一年の吉兆だという発想は、じつは中国伝来のもので古くからある。室町時代には、いい夢が見られるお札して宝船の絵が出回るようになっていた。これは宝を満載した船に七福神が笑顔で乗っているというもので、枕の下に敷いて眠るとよいとされていた。
そのお札を枕の下に敷く日は、初夢というからには1月1日の夜だともいうが、2日の夜という説が主流である。1月2日には書初めのような稽古始めのしきたりがあったため、夢も2日の夜に見るのが初夢だとされたのである。
江戸時代になると、初夢として縁起のいい順に「一富士、二鷹、三茄子」がいわれるようになる。三つの品は、いずれも江戸幕府を開いた徳川家康にちなんだものといわれている。家康が晩年をすごした駿河の国からは富士山が望め、足高(鷹)山があり、特産品だった初茄子の値段が高かった。そこからいわれはじめたと、『甲子夜話(かつしやわ)』という文政期(1818~1830)に書かれた書物には記されている。また、富士は「無事」、鷹は「志高く」、茄子は「事を成す」にかけた単なる語呂合わせという異説もある。
さらに、「一富士、二鷹、三茄子」のあとには「四綿、五煙草」が続くともいわれている。これらも駿河の国の特産品だというのがその理由である。ただ、これにも「四扇、五煙管、六座頭」と続くという異説がある。いずれも宴会には必需品であり、縁起がいいとされたからだ。

theme : 雑学・情報
genre : 学問・文化・芸術

tag : 歴史 江戸時代 雑学

プロフィール

ジャンキー将軍

Author:ジャンキー将軍
江戸時代の知りたかった「謎」と「疑問」を解説します。

最近の記事
記事検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログランキング

FC2Blog Ranking

最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
Pick Up
amazon
焼肉通販・ホルモン通販
すき焼き・しゃぶしゃぶ肉通販
スパイカメラ・カモフラージュカメラ通販
コルクマット・ジョイントマット通販
美容ローラー 針美人(しんびじん)

ヤーマン サーミコン式脱毛器
no!no!hair Smart(ノーノーヘア スマート)
エバンジェリスト BBクリーム
フリーエリア
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。